本文へ移動

NEWS

参考情報: 2020春 社長トップメッセージ(社内向け)
2020-04-27
弊社代表取締役・吉田悟史による社内(本社・各事業所)に対するトップメッセージをご参考までお知らせいたします。
参考情報: 2020年社長年頭トップメッセージ(社内向け)
2020-01-19
弊社代表取締役・吉田悟史による社内(本社・各事業所)に対する年頭のトップメッセージをご参考までお知らせいたします。
冬期安全衛生強調運動実施
2019-12-02
弊社では令和元年12月1日~令和2年3月31日まで「冬期安全衛生強調運動」を実施します。

スローガンは令和元年の厳冬期間,職場内の気持ちを1つにして災害『令』ゼロを達成しよう」です

重点実施事項は以下の通りです。
作業:考えよう 今の作業に 不安全行動はないか もう一度気を引き締め直しゼロ災害!!
交通:車間距離・焦りとともに近くなる 冬期こそゆとりを持って 安全運転。
衛生:自分の健康 自分で管理 健康な職場つくりの第一歩
 
 
ADENKOプラスワン運動強化月間
2019-11-06
当社においては,現在,労働災害,人為的ミスによるヒューマンエラーを撲滅すべく,「ADENKOプラスワン運動」を展開していますが,このたび,意識を一層高めることを目的として,11月をADENKOプラスワン運動強化月間」といたしました。
 
強化月間中,思い違い,覚え違い,見間違い,聞き間違い,言い間違いなどのヒューマンエラーを抑え,安全で確実な作業をするために,あらゆる努力を払い,これまで以上の姿勢で事故防止に努めます。基本ルールや作業手順を守ることなど,やるべきことはしっかり行い,そのうえで,さらに少なくとも「プラス一つは」安全意識を高めるためにアクションを起こしてまいります。強化月間中「プラスワン」というフレーズを現場・事務所・構内において,機会ある毎に用い,運動を盛り上げます。
2019夏 トップパトロール
2019-07-31
【横手営業所パトロール】 副所長パトロールと合同開催
秋田電工夏期安全衛生強調運動の一環として、トップパトロールが実施されています(7月~9月)。トップによる全事業所・作業現場における品質の確認および夏場の劣悪な作業環境下で頑張っている作業員への激励を目的としたものです。

 

全営業所予定【横手(営),本荘(営),大曲(営),秋田(営),大館(営)】

実施者:  吉田社長,佐藤常務

夏期安全衛生強調運動実施
2019-07-01
弊社では令和元年7月1日~令和元年9月30日まで「夏期安全衛生強調運動」を実施します。

スローガンは過酷な環境下でこそ 目配り/気配り/心配り 三配りの徹底でチーム一丸となり 無事故無災害を達成しよう!!です。

重点実施事項は以下の通りです。
作業:
暑さに負けず,目配り・気配り・心配りでコミュニケーションを図り,ゼロ災を徹底する
交通:運転の基本は,危険予測と安全確認。常に心に初心者マークで「かもしれない運転」に努める
衛生SHOKUJI(食事)SUIMIN(睡眠)STRESS FREE(ストレス無)衛生の3Sで快適な環境作り
参考情報: 2019春 社長トップメッセージ(社内向け)
2019-04-01
弊社代表取締役・吉田悟史による社内(本社・各事業所)に対するトップメッセージをご参考までお知らせいたします。
参考情報: 2019年社長年頭トップメッセージ(社内向け)
2019-01-05
弊社代表取締役・吉田悟史による社内(本社・各事業所)に対する年頭のトップメッセージをご参考までお知らせいたします。
ADENKO「繰り返し型災害撲滅」安全決起集会開催
2018-12-18
インタビューの場面
2018年12月3日に秋田市文化会館において安全決起集(ADENKO繰り返し型災害撲滅安全決起集会)を開催しました。ご来賓の方々を含め約150名が出席し安全への思いを新たにするとともに認識を深めることができました。
 
スローガンは「基本ルール遵守 組織と個人で ゼロ災に再チャレンジ!」というものです。キーワードは繰り返し型災害を撲滅するために「組織」と「個」一体となりタッグを組んでいこうというものでした。
 
弊社は安全決起集会を契機に今後も一層安心していただける施工技術で皆様に良質な電気を送り届けてまいります。
冬期安全衛生強調運動実施
2018-12-01
弊社では平成30年12月1日~平成31年3月31日まで「冬期安全衛生強調運動」を実施します。

スローガンは「厳しい冬こそ大きな声での声掛け・声出しの実践と、緊張感・集中力を高め、作業手順・基本ルールの遵守で、繰り返し型災害を撲滅し、ゼロ災・施工ミスゼロを達成しよう。」です。

重点実施事項は以下の通りです。
作業:
過酷な作業環境になる程、危険に対する感受性を高めて基本ルールを遵守し、動きづらくなる体や手足を想定しながらの作業と、寒い中でも確実な確認作業を実施する。
交通:路面状況に応じた運転と急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキの、急の付く運転は行わず、車間距離を保ち、ゆとりを持った運転を実施する。
衛生作業後の冷えた体、疲れた体を入浴やバランスの取れた食事、十分な睡眠で癒し、うがいや手洗いの励行で風邪や胃腸炎、インフルエンザ予防に努める。

株式会社秋田電工

〒010-0061
秋田県秋田市卸町一丁目6番17号

TEL 018-867-8001
FAX 018-867-8002

TOPへ戻る